新着情報

2019.06.12
業務内容

シルクスクリーン印刷について

※上記写真は、白アクリル素材にシルクスクリーン印刷を施したものです。  

  

シルクスクリーン印刷とは、当時、版がシルク(=絹)で作られていたことが由来となっています。  

乳剤と呼ばれる薬液で版上に膜をつくり、  

“スキージ”と呼ばれる道具を版の上からインクを擦るように強く一定方向に押し当てることで、  

穴からインクを透過させて、媒体に印刷する方法です。

特長は、紙はもちろん、ガラス、金属、陶器、プラスチック、布地など。  
他の印刷方法に比べて、あらゆる素材への印刷が可能です。  

また、他の印刷方法よりもインクの塗膜が厚いため、

インクの隠蔽性が高く、下地の色に影響されずに印刷できることができます。
  

ご希望の素材への印刷可否がご不明な場合は、
ご支給いただければ、テスト印刷を行いますので  

まずはお気軽にご相談ください。

    

資料請求・お問合せ
まずはお気軽にお問い合わせください