新着情報

2018.01.24
業務内容

2,000㍉サイズのフロスト印刷 (曇りガラス)

曇りガラスとは、すり板ガラスとも呼ばれており、
透明なガラスに細かい傷をつけて、不透明に仕上げたガラスです。
オフィスや住宅の窓など、外から見られたくない場所で使われています。

当社では約700×1,000㍉サイズのガラスに
曇りガラス調に印刷することが可能です。
印刷
熟練した技術により、均等なインク塗膜を維持することができます。


印刷2
インクが均等に塗布されないと、模様にムラが発生します。



ガラス並べて
不良品を出すことなく、無事納品することができました。


他社では困難な印刷も、
お時間をいただくこともありますが、
できるだけお客様のご要望にお応えできるよう、スタッフ一同努力いたします。

まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・お問合せ
まずはお気軽にお問い合わせください