新着情報

2018.01.24
業務内容

2,000㍉サイズのフロスト印刷 (曇りガラス)

曇りガラスとは、すり板ガラスとも呼ばれており、
透明なガラスに細かい傷をつけて、不透明に仕上げたガラスです。
オフィスや住宅の窓など、外から見られたくない場所で使われています。

当社では約700×1,000㍉サイズのガラスに
曇りガラス調に印刷することが可能です。
印刷
熟練した技術により、均等なインク塗膜を維持することができます。


印刷2
インクが均等に塗布されないと、模様にムラが発生します。



ガラス並べて
不良品を出すことなく、無事納品することができました。


他社では困難な印刷も、
お時間をいただくこともありますが、
できるだけお客様のご要望にお応えできるよう、スタッフ一同努力いたします。

まずはお気軽にご相談ください。

2014.12.22
業務内容

2,800m/mサイズのアクリル製目盛板の製作

11

印刷だけでなく、「素材の調達から加工、納品まで」のお仕事をいただくケースが非常に増えております。

今回のお仕事は、精度を要求される目盛を印刷するため、
印刷がズレないようスタッフが慎重に印刷しています。

印刷はもちろんのこと、
2,800m/m白アクリルは規格外になるため、調達することに苦心しました。

21

材料が長すぎて、上手に撮影することができませんでした。

2014.12.15
業務内容

金属製銘板へのシルクスクリーン印刷

FullSizeRender1

シルクスクリーン印刷は、耐候性の高さと素材を選ばずに印刷できる特長から、様々な用途で利用されております。

工業用・産業用計器や各種装置にシルクスクリーン印刷が施されているケースが多々あります。
当社では版下作成→製版→印刷まで。
一貫体制で行っているため、小ロット短納期の印刷もスピーディーに対応することが可能です。

鈑金、塗装も対応可能です。

お気軽にご相談ください。

2014.12.13
業務内容

ビニール製シートへのシルクスクリーン印刷

FullSizeRender

腕章など、ビニール製シートにシルクスクリーン印刷することも可能です。

当社では、デザイン→材料の調達→印刷→加工→納品まで。
ロットやサイズの大小を問わず対応可能です。

お気軽にご相談ください。

2014.04.11
業務内容

凸凹面への印刷

近年『他社では印刷できないと断られ続け、御社を紹介してもらいました』と言うお問い合わせが増えております。

今回のお仕事は、
w1,000×H1,000×D500m/m程度ある製品にある凹面(高低差10mm程度)へのシルクスクリーン印刷でした。
通常、小サイズ製品の凸凹面への印刷は、パット印刷機で印刷しますが、
パット印刷機にセットすることができないほど大きな製品でした。

結果は…IMG_4663

 

スタッフ一同、色んな印刷方法を検討して成功しました。

IMG_4670

他社では困難な印刷も、
お時間をいただくこともありますが、
できるだけお客様のご要望にお応えできるよう、スタッフ一同努力いたします。

まずはお気軽にご相談ください。

2014.02.10
業務内容

現場出張による印刷について

IMG_3804

IMG_37822

IMG_3798

先日、現場へ出張して屋外プールのタイルに印刷してきました。
今回のような商業施設やオフィスビル、美術館・博物館、学校内の壁面など。
移動が困難な製品にも現場へ出張して印刷・施工することが可能です。

※打ち合わせの際は、
①施工希望日
②施工現場住所
③施工箇所(スタッフは、現場の状況に応じて2名以上で施工いたします。スタッフの足場が確保可能な場所であることが条件となります。)
④施工する製品の材質(材質によりインクがかわります)
⑤印刷するデザイン(特色の色数など)
上記5件を確認させていただいております。
また、印刷現場を事前に確認させていただければ幸いです。
お気軽にご相談ください。

2013.10.28
業務内容

現場出張による印刷・施工について

42
商業施設やオフィスビル、美術館・博物館、学校内の壁面など。 移動が困難な製品にも、スタッフが現場で印刷・施工することが可能です。

11

31

21

※打ち合わせの際は、
①施工希望日
②施工現場住所
③施工箇所(スタッフは、現場の状況に応じて2名以上で施工いたします。スタッフの足場が確保可能な場所であることが条件となります。)
④施工する製品の材質(材質によりインクがかわります)
⑤印刷するデザイン(特色の色数など)

上記5件を確認させていただいております。

お気軽にご相談ください。

2013.10.26
業務内容

アクリルの加工について

9446190c5b8cec2c2907df16591d8b70
近年、印刷だけでなく
「素材の調達から加工(塗装)、納品まで」のお仕事をいただくケースが増えております。
このようなアクリルケースも製作することが可能です。
大正5年より培ったノウハウは印刷技術だけでなく、
ネットワークを通じてさまざま加工技術も向上させています。
bbb711d241e3d7c0ef4610d7a675ae66
もちろん開閉も可能です。

 

7e62b28f979a6b0f9bfb009f1a42515b

bbb711d241e3d7c0ef4610d7a675ae66

 

 

気軽にご相談ください。

2013.09.19
業務内容

交差ほぼゼロの多色印刷

多色をシルクスクリーン印刷で施す場合、
シルクスクリーン印刷で使用するインクは隠蔽力が強いため、
薄い(明るい)色から濃い(暗い)色へと重ねて印刷します。
また、版ズレを防ぐために目立たない程度に柄を交差させた版の作成など、
製版、印刷の全行程に長年培ったノウハウと高度な技術が求めまれます。
4

特に今回一番苦労した点は、重ねる柄の交差がほぼゼロだったことです。

2

製版スタッフも柄がずれないよう慎重に作業をしておりました。

 

1

3

5

色数は全部で6色。 きれいな仕上がりにスタッフ皆満足していました。

2013.09.17
業務内容

金属パネルへのシルクスクリーン印刷

IMG_2270
金属製パネルにシルクスクリーン印刷を施す場合、
インクの剥離防止に製品の下地処理を行った後、印刷を施します。
特にアルミ材などは下地処理せずに印刷すると、
インクが剥離してしまうケースがよくあります。

先日、お客様よりお問い合わせいただきました
「アルミ材に印刷したインクが剥離対策」を解決すべく、
弊社独自のノウハウを活かしてご提案いたしました。
以前に比べて大掛りな前処理を必要としないため、
コストダウンにもご協力できたのでは…。

IMG_2271
もちろん密着テストも問題ありません。
下地処理前のアルミ板に印刷する場合、
印刷条件がアルミ板の材質により変わってしまうため、
大量印刷前に事前の密着試験をオススメしております。
気軽にご相談ください。

1 2

資料請求・お問合せ
まずはお気軽にお問い合わせください